ティック・クアン・ドック



ティック・クアン・ドック(Thich Quang Duc 1897年生)
 [ベトナム・僧侶]


 1963年6月11日に、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に対して抗議するため、サイゴンのアメリカ大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した。

 普通の焼身自殺者は熱さと呼吸困難から地面を転がり悶え苦しみながら絶命すると云われるが、彼は燃え上がる炎の中でも蓮華座を続け、一切苦悶の表情や声を出さず、絶命するまでその姿を崩さなかった。

 その強靭な精神力と威厳のある姿に支援者が手を合わせ祈る姿がカメラを通じて全世界に放映された。この衝撃的な事件が世界中に放映されたことが、国内の仏教徒に大きな影響を与えることとなった。

 1963年6月11日死去(享年66)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ