高田真理



高田真理(たかだまり 1947年5月7日生)
 [フォークグループ「青い三角定規」のギタリスト]


 兵庫県出身。1971年に西口久美子、岩久茂とともにフォークグループ「青い三角定規」を結成。ギターを担当した。斬新なサウンドが時流にマッチし、「太陽がくれた季節」などのヒット曲を飛ばした。

 1973年のグループ解散後は一時ソロとして活動したが、ほどなくして音楽活動から離れ、埼玉県に居住した。居酒屋を経営したこともあったが、近年は無職だった。

 その後、ソロ歌手として活躍していた西口が2006年に歌手生活35周年を迎えることを記念して、青い三角定規の再結成が決定。2006年8月11日には正式に活動再開が報じられ24時間テレビに出演。

 しかし、その直後の2006年9月11日に原付自転車を運転中人身事故を起こし、業務上過失傷害と道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕され、処分保留のまま釈放された。

 折悪しく飲酒運転による事故の報道が過熱するさなかでの著名人による事故であったため、マスコミなどから強烈な非難が集中。世論に配慮する形で、再結成は中止されるなど心労が重なり、事故から15日後の26日に、埼玉県入間市駅近くの公団の12階から飛び降り自殺。敷地内の鉄製ポールにうつぶせの状態で胸から突き刺さっていたという。

 2006年9月26日死去(享年59)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ