ステファン・ベロフ



ステファン・ベロフ(Stefan Bellof 1957年11月20日生)
 [ドイツ・レーシングドライバー]


 1980年にドイツカート選手権でチャンピオンを獲得し、翌1981年にはドイツFF1600でチャンピオンとなる。同時にドイツF3に参戦、7レースに出場し、年間ランキング3位となった。翌1982年には、国際F2にステップアップ。2年間で2勝を挙げた。

 1984年にティレルからF1デビューを果たす。リタイヤは多いものの、比較的順調に思えたデビューイヤーだったが、第8戦デトロイトGPでの「水タンク事件」により状況は一変。チームがそれまで違法にエンジン出力を挙げていたことが発覚し、ティレルの成績はドライバー、チームともシーズンの全成績を抹消され、シーズン終盤の出場も禁止された。

 混乱のルーキーシーズンとなったF1と並行し、それまで通り世界耐久選手権にも参戦。この1984年シーズンの全9戦中5勝をマークし、ドイツ人初のチャンピオンに輝いている。

 1985年9月1日にベルギーのスパ・フランコルシャンで開催された世界スポーツカー選手権第7戦スパ1000kmにて、ベロフは生涯の幕を閉じることとなる。

 レース終盤、トップのジャッキー・イクスと激しいバトルを繰り広げていたベロフは、一旦先行された後、オー・ルージュで抜き返しに掛かったが接触。ベロフのマシンは、イクスのマシンに押し潰されるように、コンクリートウォールに激突し大破炎上。すぐに火は消し止められたが、医務施設で死亡が確認された。即死の状態だったという。マシンはクラッシュの激しさから、キャビン部分から「へ」の字型に曲がっていた。


 オー・ルージュは、急な上り坂を左右に駆け抜ける高速ブラインドコーナーであり、テクニックと度胸が要求されるスパでも特に難所とされる。ベロフがそのようなコーナーで仕掛けたことに対しては、今日でも「無謀」との意見が多くを占めている。

 期待の新人だったベロフの死は、近年でもモータースポーツファンや関係者の間で度々話題にされる。『ベロフが生きていれば、ドイツ人初のF1チャンピオンはミハエル・シューマッハを待つまでも無く誕生していた』と言う意見がある一方、『速いが安定感に欠けていた為、生きていてもF1でチャンピオンになることは出来なかった』と言う意見もある。

 しかし、一定の評価を与える点は多くの人物に共通しており、ベロフの死を『レース史でも有数の才能の損失』として挙げる人物は今日でも多い。

 1985年9月1日死去(享年27)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ